スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開プレゼンテーション 

2007/07/16 (Mon)
ちょっとご無沙汰してました~。
せっかくの3連休だったのにすごい台風でしたね~><
みなさんの地域は大丈夫でしたか?

先週はなんだかバタバタしてましてなかなか更新できませんでした(^_^;)
実は所属する親の会で地域活動助成金ってのをもらいてくて申請してたのですが、この2次審査がなんと公開プレゼンテーションだったのです。
それが先週の土曜日だったので、先週はその準備に追われてまして・・・。

今どき、プレゼンといったらやっぱりパワーポイント(プレゼン用ソフト)でしょ、と思ったのですが、そんなソフト持ってましぇ~ん><
でもどうせやるならカッコよくやりたいし・・・
でも5万の助成金をもらうのにソフト代に何万もかけてたら馬鹿らしいので
私の今手持ちのソフトの中でなんとかならないかと駆使してがんばりました~。
やればなんとかなるもんですね。プロジェクターでスクリーンに映してみると、よくドラマとかの会社のプレゼンのシーンみたいになって、かっこよかったです。(自画自賛(^^;)
プレゼンの内容もメンバーで何度も集まって話し合いました。
その甲斐あって、なんと結果は第1位でした~

でも終わってみて感じたのは・・・
他の申請団体は“○○年金の会”とか年輩の方が多かったのですが、この年代の方には“障がい児の親の会”ってものの存在があまり理解できてないようでした。
ちゃんと会の主旨とかも説明してたのですが、質疑応答の時間に
「障がい者の方も関わっているようですが・・・」とか「障がい者団体なら他の助成金がもらえるはずでは・・・」とか質問されちゃって・・・(^_^;)
どうやら大人の障がい者はイメージできても障がいのある子どもってのはイメージできないようなんですよね。
確かに昔はそういう子ども達は山奥の施設に入れられたりして見かけることがなかったでしょうからね。そういう子どもは隠してしまう時代ですもんね。
なので私たちが「子ども達を地域の中で育てたい!」とか「ノーマライゼーションを目指して!」とか言ってもピンとこなかったんでしょうね。
でも細かく説明したらわかってくださったようで、たくさんの票が入りました。
(申請団体にもそれぞれ投票権があります。)

とにかく終わってホッとしてま~す ε= (´O`;) ホッ
そんなわけで、みなさんの所にもなかなか遊びにいけなかったのですが、
やっとお邪魔できそうで~す^^

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

恥ずかしながら…(^^; 

2007/07/18 (Wed)
市内の新聞販売店が月一で発行している情報紙があるのですが、そこに私たち親の会の活動が掲載されました~f(^^;)
以前ちょっと触れましたが先月親の会で『相互理解のための学習』と題した勉強会を行なったのですがそこにこの情報紙の記者さんがたまたま来ていて取り上げてくださったのです。
(詳しくはコチラの記事の後半部分)
自閉症を中心とした発達障害についての勉強会だったのですが、その中で私が作った写真カードコチラ)やサポートブックコチラ)なども紹介したところ、何と記事に私とリュウリュウの写真付きで紹介してくださいました。
070718.jpg

この情報紙、市内の新聞に折り込みとして入るのですが、結構みなさん見てるようなんです。
昨日の保育園のお迎えの時に、リュウリュウのクラスのママ達に「見たよ~♪」っていっぱい声をかけられました(^^;
クラスのママ達には懇談の時にカミングアウトしているので、事情はわかっていると思うのですが、私たちの思いをさらにわかってもらえたかな~って思います。
違うクラスのママ達も、きっとリュウリュウの事は何か感じてたと思うので、これで事情がわかってもらえたかな。
そうそう、今朝の事です。
通園の時いつも通る道に大きな犬を飼っているお宅があるのですが、リュウリュウが通ると近付いてきてくれるんです。ちょうどそこの奥さんが洗濯を干す時間と重なる事が多くて言葉を交わすようになっていたのですが、その奥さんも「新聞の見ましたよ。がんばっていらっしゃるんですね」って言ってくださいました。
その方にリュウリュウの事情は話していませんでしたが、いつもチグハグな会話になるのできっと変だと思っていたと思うんです。
でも昨日の記事を見てわかってくださったと思うので良かったです。
他にもこの記事を見て「あ~、あそこの子そういう事だったのね」って思った人がいると思うのでカミングアウトする手間が省けて良かったかな(^▽^;)

記事になるって聞いた時は、気恥ずかしい気もしましたが、今となってはスッキリとした気分です。
こーなったらもうドンドン表に出ていこうじゃないの!って感じです。
みんながみんな理解してくれるわけじゃないって事はわかってますが、
確実に理解者が増えていくのを実感しています^^

あっ、実は今日はリュウリュウの誕生日なんです
こうやって記事になった事は5才の誕生日のいい記念になりました~。
さて、夜の誕生会の準備をしなくっちゃ。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

バーベキュー大会 

2007/10/22 (Mon)
昨日の日曜日は親の会でバーベキュー大会をしました~。
5月の親子遠足に続いて2回目の家族参加型のイベントでした。
ボラさんもあわせてなんと76人の大所帯。
となり町の施設を貸し切って行ないました。
バーベキューブースは6基で屋根付き。コンロは机に埋め込み式なので比較的安全です。
071022_1.jpg
おいしかった~♪

芝生広場がとてもきれいでとてもいい施設でした。
遊具がなくてもボールなどで子ども達は結構楽しんでました~♪
パパ達、兄弟同士の交流もできて楽しく過ごしました。
071022_2.jpg

071022_3.jpg


でもちょっと誤算が・・・
それはなんです。
昨日はそこそこ風が強い日ではあったのですが、ちょっと高台にあるせいか、他よりもかなり風が強かったんです。
風のことは考えてて、お皿も紙皿はやめてプラスチックのお皿を用意したのですが、それでもちょっと気を抜くと飛ばされちゃって・・・(^_^;)
お肉の入っているトレイも飛んじゃうような強風が吹く時もあったし・・・。
常に両手で何かを押さえてなきゃいけないような感じなんです
同じ施設内でも東と西では風の強さが違って、うちの居たブースの辺は特に風が強かったんですよね~><
そんなわけでなかなか落ち着いて食べることが出来ませんでした~。

来年は少し時期をずらした方がいいかな。
まあ、なにはともあれ無事に終わってホッとしてま~す(´▽`) ホッ
071022_4.jpg
最後はみんなでパチリ

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

「発達障がい児の世界」 

2008/09/03 (Wed)
またまた、ご無沙汰してしまいました~。

毎日なんだか忙しかったのですが、やっと少し落ち着きました。
実は8月31に、所属する親の会で「発達障がい児の世界」と題した講演会を企画していて、そちらの準備にも追われていました。

講演会は2部構成で、1部は1月に講演会を聞きに行ったウォーリーさんにお願いしました。
その時の記事はコチラ
2部は刈谷病院の平野千晶院長にお願いしました。
ウォーリーさんが当日の様子をブログにアップしてくださっていますコチラ

いろいろ不手際もあり、ハプニングもありましたが、
ウォーリさんや平野先生の講演は大変素晴らしく、
有意義な講演会になったと思います。
ウォーリさん、平野先生、本当にありがとうございました。

そんなわけで私自身、少し落ち着いたので、ブログの更新もがんばっていきたいと思っています。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

いいわけ・・・ 

2009/02/17 (Tue)
またまた、めっちゃご無沙汰しとりま~す
今年に入って2回目の記事です。

なんでこんなに更新できなかったかというと・・・

実は所属する親の会で、ちょっと大きな取り組みをしていまして・・・。
市からの委託事業なのですが、
特別な支援が必要なお子さんをもつ保護者のためのガイドブック
の作成をしていました~。
その原稿の締め切りが昨日だったんです。
まだ、修正とかがあると思いますが、とりあえず一段落ですε-(´∀`*)ホッ

具体的にどんなものかというと、
 相談窓口
 手帳の申請の仕方
 手当などの手続きの仕方
 レジャー施設などの割引制度
 ライフステージの流れ
 通園施設、保育園、小中学校、特別支援学校などによる支援体制について
 病院、施設、おすすめサイト情報
 パパママの体験集


などを掲載しています。
実際、手帳の申請に行くと、市や県の福祉ガイドブックみたいなのがもらえますよね。
でも、なんだかわかりにくいし、じっくり読めるような心理状態じゃないですよね。
それに、手帳がなくても受けられる手当とかもあるんですど、その情報がないからもらえなかったとか、窓口に子どもを抱えて手続きに行ったのに、担当者がいないからって帰されたりとか、いろんな不満の声があがってたんですよね。
で、以前からそんな情報が、わかりやすく載っているガイドブックがあったらいいな~って話してて、行政にもおねがいしてたんです。
子育てガイドブックとかは、かわいいのが自治体から出てたりするでしょ。
(うちの市はありませんが(^_^;)
そんな感じで、手に取りやすく、かわいいのがいいよね~って。

そんな話をしてたら本当に依頼が来たんです。
障害児を育てる地域の支援体制整備事業ってのが、障害者自立支援対策の中にあって、さらにその中に、障害児を育てるためのパンフレット作成ってのがあるのですが、その位置づけとして作成することになりました。

市の委託事業ってことなので、ある程度はお堅い内容になっちゃいますが、
でも体験集や、保護者ならではのワンポイントアドバイスを入れたり、レジャー施設の割り引きや、おすすめサイト情報なんかは行政からもらったガイドブックには載ってないものだし、そんな感じで私たちらしさを出しました。
お子さんの障がいがわかり、この先どうしていったらいいんだろうって不安に思っているママ達の助けになったらいいな~って思ってます。

デザインやレイアウトなども全部任されていたのですが、レイアウト用のDTPソフトを使えるのが、私しかいなかったので、頑張っちゃいました

ここんところ、ラストスパートで徹夜に近い日が続いていましたが、昨夜は久しぶりにゆっくり眠れました~

というわけで、なかなか更新できなかったいいわけでした~ (^^ゞポリポリ

サマースクール 

2009/08/26 (Wed)
23日、24日は所属する親の会のサマースクールに参加しました。
といっても、主催者側でもありまして、夏休みは子の準備に追われておりました~(^_^;)
市内の精神障がい者の方の通所施設をお借りして行いました。

1日目、まずは選択講座
『音楽療法』 『お菓子教室』 『買い物学習』 の3つから1つ選びます。

リュウリュウは音楽療法を選択しました。
音楽療法の参加者の中で、自閉ちゃんはリュウリュウだけだったので
フラフラしてるのが目立ってましたね~(><)
音楽療法の先生は、すくすく園時代にお世話になった先生で、内容も当時のものも多く
リュウリュウ的には、懐かしくって興奮しちゃったって感じなのかな。
まあ、あれがリュウリュウなりの参加の仕方だったと思ってますが・・・(^^ゞ

一応ちゃんと参加してる感じの写真もあるので・・・
090826_1.png

逃げないようにお隣のママに手を握られちゃってますが・・・(苦笑)

夕方からはお料理体験。
定番のカレーライス作りです
これはケンケンにサポートに入ってもらいまいた~。
090826_2.png


おいしくカレーをいただいたあとは、近くのスーパー銭湯へ
そしてお泊り体験もあったのですが、次の日ケンケンが朝から部活だったので
泊らずに帰りました。

2日の選択講座は『英語教室』と『サッカー教室』
リュウリュウは英語教室。
講師の先生はダウン症のお子さんを持つアメリカ人のママです。
親の会のメンバーでもあります。

リュウリュウは前日の音楽療法に引き続い、相変わらずフラフラしてましたが、
先生が用意していたこんなものを見つけて・・・
090826_4.png

これをかぶってからはノリノリでした~。

あっ、そうそう。
先生のお友達の外国人の方のドレッドヘアにも興味津津
090826_3.png


主催するのも、参加するのも初めてのサマースクール。
いろいろ反省点もありますが、とりあえず終わってほっとしてます。

ゆっくりしたいところですが、子どもたちの宿題がぁ~><

福祉実践教室 

2010/06/16 (Wed)
昨日、市内のとある小学校で福祉実践教室が行われました。
で、実は所属する親の会に依頼がありまして、
全校生徒に向けて、お話をしてほしいということで、
代表のTさんが20分間お話をしました。
私もパワーポイント担当ということで、行ってきました~。

Tさんのお子さんは自閉症なので、主に自閉症につてお話したのですが、
生徒さんは、とても集中して聞いてくれて良かったです。
先生方にも「映像もあってとっても分かりやすかった」と大好評でした。

最近はキャラバン隊など、自閉症や知的障がいについて伝える活動を行っている
方々もいらっしゃいますが、残念ながら我が市内の学校では今まで取り入れてなくて
先生方も、どうやって子どもたちに伝えたらいいかわからなかったようで
今回はとてもいい機会になったようです。
もちろん、車いす体験や点字、手話などについて学ぶことも大切ですが、
実際に同じ学校にいる特別支援学級のお友達の事を知る機会も必要ですよね。


で、実は実はこれで終わりではなく、月末になんとリュウリュウの学校の
福祉実践教室でもお話しすることになりました。
こちらは6年生対象で、授業として行うので45分間です。
6年生は4クラスあるのですが、2クラスごとに手話体験と交代するので
2人の講師が必要となり、未熟ではありますが、私も話をすることになりました(^_^;)

6年生はケンケンがいるので、ケンケンのクラスで話します。
大丈夫かな~ ちょっと不安ですががんばります!!
一応教員免許は持ってるので、生徒たちの前で話すのは初めてではないわけで・・・
それよりも何よりも、やっぱりみんなに知ってもらいたいので
その思いをがんばってぶつけようと思います。

また終わったら報告しますね。

福祉実践教室 その2 

2010/07/02 (Fri)
昨日アップするつもりでしたが、寝てしまいました(^_^;)

えっと、6月30日にリュウリュウの学校での福祉実践教室が無事終わりました。
1時間目は体育館で全体会でした。
各講師の紹介のあと、子どもたちが歓迎の歌を披露してくれました。
ハーモニーがとってもきれいで、なんだかちょっとジ~ン

その後1,2年生は教室へもどって福祉のビデオを観るようで
3年生から6年生までが体育館に残り、脳性マヒの方のお話を聞きました。
言語の障がいもあるので、話される内容をプリントにして配っていたので
みんなそれを見ながら一生懸命に聞いていました。

2時間目と3時間目は各クラスでそれぞれの講座です。
いよいよです。
2時間目はケンケンのクラスでした。
今回もパワーポイントを使ってお話しました。

導入として様々な障がいについてイラストを見せて、クイズ形式で答えてもらいました。
最後の問題はどこにでもいるような男の子のイラスト。
「この子にはどんな障がいがあると思いますか?」と問いかけました。
こちらのもくろみ通り、みんな答えられません。
そこで、外見ではわからない障がいがあるということで、
知的障がいや発達障がいの説明につなげました。
リュウリュウが自閉症なので、基本的には自閉症の特性などを
メインにお話ししました。

次に、DVDを観てもらいました。
実は今年の3月に地域のケーブルテレビで代表のTさんとお子さんのGくんの
密着ドキュメンタリーが放送されたんです。
その番組の学校での場面だけをつないで7分程度にまとめたものを観てもらいました。
説明だけではなく、映像として観てもらうことで身近に感じてもらえたのでは
ないかと思います。

次は体験。
今回はキャラバン隊などでも行われている、軍手で折り紙の不器用体験をしました。
折り紙をしたことだけが印象に残らないように、なぜこの体験をしてもらったかを
説明しました。

そして先輩ママさんに大人になった自閉症の人のお話をしてもらい、
まとめの話をして終了です。

という感じで45分あっという間に終わりました。
もっと緊張するかなと思ったけど、意外と大丈夫でした^^
多少笑いもとったり、ケンケンの事もいじりながら、楽しく出来ました
3時間目も同じことを別のクラスでしました。


今回、子ども達に伝えたかったことは大きく分けて3つ。
1つ目は、自閉症などの障がいの特性。
2つ目は、対応の仕方。
例えば短い言葉で、とか絵カードなどで示すとか。
そしてそれは特別扱いではなく、足の不自由な人の車いすと同じことだということ。
3つ目は、障がいがあったって、ちょとみんなと違っていたって、
みんなと同じ大切な存在だということ。

ちゃんと伝わったかな~(^_^;)
見に来てくださった方は、「わかりやすくて良かったよ」と言ってくださいましたが、
子ども達の反応はどうだったのかな~。
感想などをまとめたものを、後日見せていただけるそうなので楽しみです。

とりあえずケンケンには直接聞けるので、帰って来たケンケンに
「どうだった?」と聞いてみました。
「べつにぃ、だってだいたい知ってることだったし~」とそっけない答え(^_^;)
確かにケンケンにはそうかもね~。
で、「みんなは、なんか言ってなかった?」と聞いてみると・・・
「自閉症はひきこもりとかの心の病気だと思ってたけど違うってわかったって。」

そっかそっか、それが伝わっただけでもOKだよね。
よかった、よかった。

それに、いつものケンケンなら、みんなの事を聞いても
「べつにぃ~」とか「忘れた~」とか言って、学校でのことは全然話さないのに
答えてくれったっていうのは、ケンケンなりに何か思うところがあったのかな~と
勝手に思ってます。

ってなわけで、報告でした~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。