スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・続・父親参観 

2006/06/20 (Tue)
しつこいようですがまだまだこのネタ続いてま~す。
昨日の記事へのkasuminさん「夢にむかって」)のコメントを読んで、もう一度良く考えてみました。コチラです。
昨日はついつい私も愚痴っぽくなってしまいましたが反省です。\(__ )

「パパ達は外で発散する場所があるでしょ」って思ってたけど、障害児の父となった思いをぶつける場所なんてありませんよね。
きっと今まで同じ境遇のパパに会った事もないだろうし、自分の子供の障害について、家と病院以外では語った事がなかったんじゃないかな。
それだけ考えても今回の座談会は大きな意味がありますね。
また、今日違うママに聞いてみた所、そこのパパは子供の障害をあまり理解してなくて、認めてなかったんだけど、今回の座談会で他のパパの話を聞いて「ちゃんと受け入れていこう!」と思ったっていうんです。
これってスゴイですよね。だって1年近くママが説明してきたのに理解してもらえなかったのが1時間半の座談会で変わったんですよ。
まあ、内容はどうであれ(ママへの愚痴でも)障害児の父という同じ境遇のパパ達が集ったってことが今回の座談会の大きな意味だったんだなあと思います。

そうなるとやっぱり
うちのお父さんが参加できなかったのがすっごく残念で~す

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
ポチッとしてくれるとうれし~です。

コメント

どもどもっ(^_^)vいやぁ~、お恥ずかしい(^_^;)
単に『経験者は語る』ってだけのことなのに…。
私達だって、みいさん達の時期には同じ事思ってましたよ~♪ 時間や経験がそれに気づかせてくれたのです。
大体、父は母の話を愚痴くらいにしか思ってないからね。うちのも講演会で話聞いて感動した!とか言ってる内容は、私が長年言い続けてきた事だったりするんだから…。父と母では入ってくる情報も、その処理能力も違うんでしょうね。
ごめん!自分のブログで書くわ(>_<)失礼しましたぁhttp://blog54.fc2.com/image/icon/e/266.gif" alt="" width="14" height="15" class="emoji">

さすがE教授。
それに一日で、↑と考え直したみぃさんもさすが~。
「愚痴る」ことって、凄く大事なんだと思います。
ママたちって、もちろん日々、コドモと正面切って向き合って
そりゃ苦労は多いけど、結構あちこちで愚痴ってる。
パパさんたちは、会社と家との往復で
たぶん会社には、コドモのことを話せる相手もいなくて
「説明するほど」知識もなかったりして(小声)
結構「孤独」だったりするのよね。
コドモの大変さや奥さんの大変さは
伝わってくるけど
「なんで俺ばっかり(イジイジ)」と漠然と感じている部分もあるかもしれない。
(勿論そうじゃない人もいるだろうけど)
ああいう場所で「あ~。俺だけじゃないんだ~」(妻への愚痴も含めて)
「え~。あそこのウチも?なーんだ・・・」なんて
”心を緩める”ことが
間接的に、パパの心のゆとりにもなり
奥さんへの理解や協力していこうという気持ちへ繋がる。
・・・んだと、E先生言ってたよーな気がする。。。
だからE先生自ら、「呼び水」で自分の話をされるんです。
「ホラ。教授の僕だってこんなだよ」って。
「フムフム黙って聞く」ってことが最大のポイントなんだよん。
直接的に「こうでなくちゃいけないよ」と言われるよりも
効果的らしい。
E先生だからこそ、できるのでしょうね。。。

kasuminさん♪

どうもで~す。(*^^*ゞ
勝手に名前を出して記事にしちゃってごめんなさいね。
ホント今回の事は(人-)謝謝(-人)謝謝です。
最近どうも療育施設のぬるま湯にどっぷり浸かっちゃってましたよ。
父達の立場や思いを改めて考えるいい機会になりました。(^^)v

Midoriさん♪

ホント、E教授深いっす。
多くを語らずしてちゃんとパパ達の意識改革してるんですね。
もっとこういう場が増えるといいんですけど・・・

>それに一日で、↑と考え直したみぃさんもさすが~。

そう言ってもらえるとうれしいですがすぐに人の意見に左右されちゃう優柔不断な人間なんですぅ。

でもこうやって先輩方にいろいろアドバイスしてもらえて幸せです。*^-^*
ブログ始めてほんとに良かったな~って思いますね。
始めてすくすくに行った時の気持ちを思い出しました。
「あ~私だけじゃないのね。同じ思いのママがたくさんいるのね」って・・・
パパ達はまだその段階なんですよね。

こんな未熟者の私ですが今後ともよろしくおねがいしま~す。(^^ゞ

おはようございます。

いい企画があるんですね。
お母ちゃんが中心かもしくは夫婦でというところが大半ですから、「お父ちゃんだけ」というのは画期的だと思います。それだけに一気に「なだれ発生」状態だったのねv-290パパさん行けなくて残念でしたね。
でも、みいさんところは、ふだんからねぎらいの言葉をかけてくださる良いパパさんなんですね。

うちのパパさんはこういうものにあまり積極的に参加しようとはしないんです。でも、信用している前の会社の同僚に子どものことをポッと打ち明けたら「実はうちの息子も・・・」と、言葉が遅くて療育に通っていた今は小学生のお子さんの話だとか、共通の知人の息子さんが実は自閉だとか、色んなことが分かったそうです。
こういうはけ口のようなものはパパさんたちにも必要なんでしょうね。

こんにちは。
日記は書くくせにコメント下手で、
いっつも遠くから(?)見守ってました^_^;

愚痴って大事ですよね。
口に出すことで解放される部分のほうが大きかったりして。
「うん、うん」って聞いてくれる場所があって初めて、
オトナもコドモも前進していけるのかもね。
次回はお父さん、参加できますように☆

今回の件 勉強になりました。
おとうさん 次回は参加できますように!
トラックバックさせていただきました^^

aichanさん♪

やっぱり父達だけってのは珍しいのかなぁ?
でも絶対必要ですよね。

パパさん、会社の同僚に打ち明けたって事はきっと思いを聞いてもらいたかったんですね。
実はうちもお父さんの親友の婚約者の子供が自閉なんです。
パパ達もよっぽど信頼できる人にしか話せないだろうから、こういったケースはなかなかないでしょうけど。(ん?うちもaichanさんちもってことは意外とあるのかも?)
思いを共有できる相手がいるって心強いですよね。

じゅんさん♪

こんばんは~ (⌒~⌒)/
ここで会うのは久しぶりね。

>いっつも遠くから(?)見守ってました^_^;

ど~もです。ほんと近くて遠いんですよねぇ~。(T▽T)

愚痴ることで実は悩みの大半が解決しちゃったりするんですよね。
じゅんさんとこも私の愚痴り場のひとつになっちゃってますが・・・(^_^;)
けいじばん また入れてよかった。щ( ̄∀ ̄)ш ヶヶヶ

tanx2さん♪

キャッ 初トラバで~す。うれし~わん(⌒^⌒)
私も今回はホントに勉強になりました。
先輩方には感謝、感謝です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/67-0fc4fc6b

おとうさん 孤独?

あさぎり園は 「母子通園施設」っていうくらいですから母と子が通う施設です。でも なんで「親子通園施設」じゃないのかしら。父子通園だっていいじゃないねぇ?前に父子通園の子 いましたけどあくまでも 病気療養中の母親の代わり でした。母親と父親って 役割が全..
  • [2006/06/22 20:13]
  • URL |
  • めざせ保育園!yayan療育日記 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。