スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リュウちゃんって・・・ 

2010/02/15 (Mon)
金曜日は1年生だけ4時間授業。
なので、下校も1年生だけでします。
登校はケンケンがいるので完全に分団登校なのですが、
下校はケンケンが一緒じゃない時は、私がお迎えに行って一緒に分団下校します。
4時間だと帰りは2時前なので、私も親の会の活動など忙しいこともあり、
金曜日は日中一時支援に預けるこことも多いのですが、
1年生のみんなには特にリュウリュウの事をわかってほしいので、
なるべくお迎えに行くようにしています。

この金曜日の1年生下校、結構おもしろいんです。
まだまだ1年生。みんな大人にかまってほしいのかな。
ここぞとばかりに私に話しかけてきます。
学校でのことや習い事の事。ゲームの事。
それからドラえもんの道具についてとか・・・
とにかくいろいろ自慢したいんですよね。

そんな中、ひとりの女の子Sちゃんはちょっと違うんです。
あれは1学期の終わりごろかな。Sちゃんが言いました。

 「りゅうちゃんってさ~、なんか感じてるの?」

一瞬固まりましたが、なるほどね~と思いました。
Sちゃんはリュウリュウと保育園も違ったし、交流クラスでもない。
学校で直接リュウリュウと関わることはないんですよね。
そんな彼女にとってリュウリュウは謎だらけ。
唯一近くで関わる金曜日の1年生下校はいつもお母さんに手をひかれているわけで、
リュウリュウのことを人形みたいに思ったのかも。
1学期のころはリュウリュウも下校の時はお疲れモードで
無表情なことも多かったような気もするし・・・。
ほんとに素朴な疑問だったんでしょうね。

 「もちろん感じてるよ。みんなと同じでうれしい時は喜ぶし、悲しい時は泣くよ」

 「そうなんだ~」

もしかしてこの疑問って、多くの子(もしかして大人も)が思ってることなのかも。
知的障がい児(者)をいじめたりする人は、“何も感じてない”から平気って思うんでしょうね。

Sちゃんがそんな素朴な疑問をぶつけてくれて、もっともっとリュウリュウの事を
伝えていかなきゃな~って思いました。
これ以来、Sちゃんはいろんなことを聞いてきてくれます。

 「リュウちゃんってボール遊びできるの?」
   「リュウちゃんって何の歌が好きなの?」
   「あっ、リュウちゃん笑ったね。何が楽しいのかなぁ?」

ってな感じです。
最近は他の子たちもその会話に入ってきてくれます。

今日は何を聞かれるんだろう、って密かな楽しみです♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/385-10e5eea2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。