スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいわけ・・・ 

2009/02/17 (Tue)
またまた、めっちゃご無沙汰しとりま~す
今年に入って2回目の記事です。

なんでこんなに更新できなかったかというと・・・

実は所属する親の会で、ちょっと大きな取り組みをしていまして・・・。
市からの委託事業なのですが、
特別な支援が必要なお子さんをもつ保護者のためのガイドブック
の作成をしていました~。
その原稿の締め切りが昨日だったんです。
まだ、修正とかがあると思いますが、とりあえず一段落ですε-(´∀`*)ホッ

具体的にどんなものかというと、
 相談窓口
 手帳の申請の仕方
 手当などの手続きの仕方
 レジャー施設などの割引制度
 ライフステージの流れ
 通園施設、保育園、小中学校、特別支援学校などによる支援体制について
 病院、施設、おすすめサイト情報
 パパママの体験集


などを掲載しています。
実際、手帳の申請に行くと、市や県の福祉ガイドブックみたいなのがもらえますよね。
でも、なんだかわかりにくいし、じっくり読めるような心理状態じゃないですよね。
それに、手帳がなくても受けられる手当とかもあるんですど、その情報がないからもらえなかったとか、窓口に子どもを抱えて手続きに行ったのに、担当者がいないからって帰されたりとか、いろんな不満の声があがってたんですよね。
で、以前からそんな情報が、わかりやすく載っているガイドブックがあったらいいな~って話してて、行政にもおねがいしてたんです。
子育てガイドブックとかは、かわいいのが自治体から出てたりするでしょ。
(うちの市はありませんが(^_^;)
そんな感じで、手に取りやすく、かわいいのがいいよね~って。

そんな話をしてたら本当に依頼が来たんです。
障害児を育てる地域の支援体制整備事業ってのが、障害者自立支援対策の中にあって、さらにその中に、障害児を育てるためのパンフレット作成ってのがあるのですが、その位置づけとして作成することになりました。

市の委託事業ってことなので、ある程度はお堅い内容になっちゃいますが、
でも体験集や、保護者ならではのワンポイントアドバイスを入れたり、レジャー施設の割り引きや、おすすめサイト情報なんかは行政からもらったガイドブックには載ってないものだし、そんな感じで私たちらしさを出しました。
お子さんの障がいがわかり、この先どうしていったらいいんだろうって不安に思っているママ達の助けになったらいいな~って思ってます。

デザインやレイアウトなども全部任されていたのですが、レイアウト用のDTPソフトを使えるのが、私しかいなかったので、頑張っちゃいました

ここんところ、ラストスパートで徹夜に近い日が続いていましたが、昨夜は久しぶりにゆっくり眠れました~

というわけで、なかなか更新できなかったいいわけでした~ (^^ゞポリポリ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/322-57750001

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。