スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKハートフォーラム 

2008/01/22 (Tue)
日曜日、講演会に行ってきました。

NHKハートフォーラム
  実は身近な発達障害


講師は北海道大学大学院教授の田中康雄さん
「ハートをつなごう」の発達障がいがテーマの時にはおなじみの先生です。
講演会の後のシンポジウムには、あの「アイコ16才」の堀田あけみさん、学習障害児・者親の会代表の多久島睦美さん、小児科医の石川道子さんも加わり、司会は「ハートをつなごう」の桜井洋子アナウンサーという豪華メンバーでした。

田中先生のお話はとても興味深いものでした。
「発達障がい」を語る前に、まずはそもそも「発達」とはなにかという観点からはじまりました。
発達とは自らが持っている力“個人因子”とその力を発揮する場所や相手、目的などの“環境因子”この2つの相互作用によって生じるものであり、発達障害とはこの2つの因子の関連により今生きる力が十分に発揮出来ない状況である。 なるほど~
例えば個人因子が100のうち50しかないなら、それを100に近付ける努力も大切だけど、それよりも環境因子がそれを補ってあげればいい。それが支援であり、支援の仕方が大切。 たしかに~
焦らず、慌てず、諦めずに成長を信じてください。ハーイ(^O^)/
CMなどのセリフを丸覚えするのを、「これは自閉症の特徴だから・・・」と捕らえるのではなく リュウリュウのことだ~(^^;
話をするための練習、準備期間であると考えてみては? そっか~!
「特性だから・・・」で片付けてしまうと、挑戦する課題がなくなり前向きさが失われてしまいます。 そうですよね~

堀田あけみさんが「みんなに愛される子、適度に助けてあげたくなるような子に育てる」とおしゃっていました。
この“適度”というのが大切だということでした。
堀田さんのお子さんは幼稚園の頃、人気者だったのですが、なんでもお友達が助けてくれたので、自分でやれそうなこともなかなかできるようにならなかったそうです。
そういう意味で“適度に”ということなんです。
これはうちも気をつけなくちゃです(^_^;)
お迎えに行くとお友達がカバンやスモックをいつも持ってきてくれるんです。
先生が気づいた時は「リュウちゃん、自分で持って来れるよ」と声をかけてくれるのですが、特に女の子はリュウリュウのお世話をしたくってしょうがない子もいるんですよね。
これはとってもうれしいんですけど^^

こんな感じで、とっても有意義な時間を過ごすことができました~。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

コメント

お久しぶりです

「適度に助けてあげる」うんうん わかります。
ある本に書いてありましたが、これでは周りの子は「弱者を助ける気持ち」が育ってメリットありですが、やりすぎだとこちらにはデメリットですね。
「自分でできそうなことは、見ててあげて。応援してあげてね。」
私は園児さんたちにそう声をかけてますよん。

tanx2さん♪

確かに周りの子たちに優しい気持ちが芽生えるってことは
メリットだし、とてもうれしいことですよね。
私もtanx2さんみたいにその気持ちを潰さないように、
上手く声がけをしてみますね。

こんばんわ~

かなりのごぶさたでーす

とても精力的に活動されてますね♪
上映会とかもやったんだよね、
すごいな~どんどん追いつけなくなる(苦笑)

そういう講演会もいいね~
私がチェック不足なだけで新潟でも
やってるのかもしれないなあ。

リュウリュウくんは幼稚園でも人気者
で嬉しいかぎりだね♪でもお世話は適度に、
なんだよね。難しいけど、先生も
よい先生みたいだし少しずつだね^^

早いもので春からはリノも就園準備
の年になるのでいろんなことが参考
になります。2月生まれだから年少で
入れるかどうかもわからないけどね。
まだ赤ちゃんみたいだから(間もなく
二歳なんだけどね)就園!?って
感じなんだけどさ。

ヒロミさん♪

遅レスでごめんなさ~い(^_^;)

そっかぁ、リノちゃん2歳になるんだね~。
うちも就学準備の年だ~。
まあ、「こうしたい!」っていう信念は持ちつつも、
「こうじゃなきゃダメ!」っていう頑固さにはならないよう
柔軟な気持ちでいこうかなと・・・。
お互いがんばっていきましょうね~

こんにちはー。

 いつもハートをつなごうをうっかり見損ねるか、終わってから気がつくおばかちんですが、みぃさんところで内容が聞けてよかったです。
ICFを分かりやすく解説してくださっているのですね。誰もがいつかは福祉の世話になるかもしれない。特別な存在じゃないってこと、知って欲しいです。私だってド近眼、この時代にメガネがなかったら、支援される側の人でしょうから・・・。

>話をするための練習、準備期間であると考えてみては? 

そうですよね~。すごく頷かされます。自閉症の特徴にピッタリあてはまることを知ったときは、何度も同じことばっかり言うのがもう許せなくて、悲しかったけれど、そこから成長していくりょうちゃん見ていたら、あの頃の私に「だいじょうぶだよ!」って言ってあげたいデス。

aichanさん♪

こんばんは~^^

ちょっと書き方がわかりにくかったかな。
テレビじゃなくてHNK主催の名古屋での講演会の報告なんです(^_^;)。

ついつい障がい特性にばかり目が行きがちですが、
その子自身の特性、その子自身の成長に目を向けることで、
本人もサポートする側も楽になるでしょうね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/278-e4903dbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。