スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どういう意味??? 

2007/09/25 (Tue)
ケンケンが授業で「お気に入りの場所を紹介する」というのがあって
グループで好きな場所を調べてくるという宿題がありました。
で、先週の土曜日にみんなで待ち合わせて調べに行きました。
ケンケンのグループはAくんBくんCくんケンケンの4人。
待ち合わせ場所にはケンケンAくんしか来ませんでした。
Aくんはカメラ係ということで、お母さんも一緒に来ていたそうです。
そこでAくんAくんママケンケンBくんの家に行ってみました。
どうやら約束が上手く出来ていなかったようでBくんは電話がかかってきてから家を出ればいいと思っていたようなんです。
それはまあいいのですが、子供達がCくんの家にも行ってみようと言うと・・・
AくんママBくんママ揃って「行かなくてもいいよ」と言ったそうなんです。

「なんで~???」 ですよね。

だってCくんBくんのように電話がくるのを待ってたかもしれませんよね。
それに事前に4人は電話番号を交換してるんです。
行かないにしてもBくんの家から電話すれば済む事です。
でも何故それもしなかったのか・・・。

実はCくんは軽度発達障がいがあります。
こちらの記事の後半部分にも書きましたが(記事中はAくん)Cくんは自分の気持ちを上手く伝える事が苦手で、つい手が出てしまう事があります。
確かにちょっと付き合いにくいところがあるようですが、先生はクラスメートにも保護者にもその事をちゃんと伝えているのです。
なのに「Cくんの家には行かなくっていい」っていうのはいったいどういう意味なんでしょう???
ってか、たとえどんな子であってもこういうのってどうなの?
結局子ども達も大人ふたりにそう言われて、Cくんには連絡しないで3人で宿題を済ませたというのです。
ケンケンが帰ってきてこの事を聞いたのですが、なんだかモヤモヤです

ランキングに参加してます。(*^^*ゞa
ポチッとしてくれるとうれし~です。

コメント

わたしも

こんにちは。
なんだか、私も、もやもやしてしまいました。。。

というか、先生が、事前に説明したにも関わらず、こういう対応をする親って、いるんですね。
悲しいものです。

こういうのが、いじめに発達してしまうんですよね。

ちょっと切なくなってしまい、ついつい感情的になってしまいました。

結局、そのCくんは、宿題、どうしたんでしょうね。

大人のそういう態度は子どもにも伝染しそうで、なんかやな感じですね。

Cくんのその後も気になりますが、Cくんママがこのことを知ったらと思うと、悲しいというより情けないです。・・・

この問題痛いほどわかります。。。。
幼稚園でもやっぱり
いろんなお母様がいて
あの子どうなの・・・??
なんて聞いてくる親もいますよね。
でもでも
ほとんどのお母さんが
みんなの子を自分の子と同じように
成長をよろこんでくれる
方が多いので
まだやり切れるという話です・・

色んな子がいてあたりまえ
みいさんみたいに
自分の子だけじゃなくって
どの子も成長も一緒に
喜んだり考えたりできる親になりたいなぁなんて思ってます^^

私なら学校に一言いっちゃってるかも( ̄^ ̄)y-~~

でも…

もっともっと、啓発が必要なのかも知れませんね。
学校から説明があったとしても、簡単な説明が一度あったくらいなんじゃないですか?
たぶん、『知らないことへの不安』から、そんな態度になってしまうのでしょう。
どう対応したらいいのかわからない。もしかしたら良かれと思って声をかけなかったのかも知れない…。
悪意の有無に関わらず、正しい知識や対応(関わり)を子供達には知って欲しいですから、その為にはやっぱり親に理解ある行動をして欲しいですよね。
『障害に対する理解』を求め、伝えていくのは学校の役目のようにも思います。

ごぶさたです

久々に書き込みします~

先日私のマイミクさんの日記でも、状況はだいぶ違うけどそれって親の方が
問題なんでは・・・?って思うことが
書かれてました。いろんな人がいること頭ではわかっててもいざ身近に現れると切ないというか情けないというか。しかも知らないうちにわが子が
入ってるグループの中でそんなことが
あるってとても嫌ですね。

大人のそういう態度・考えが子供に
差別とかいじめを覚えさせるって事
気づいてないのかな。きっとそういう
人ってわが子が同じことされたら
目くじらたてて学校に乗り込みそう。

万人が同じ考えとはいかないことは
わかってるけど、腑に落ちないね。

追記

『障害への理解』っていうか、人として、障害があろうがなかろうが…っていうこと!ですよね(u_u)o〃

そらまめママさん♪

ほんとモヤモヤですよね。
大人がこういう対応すると子どももいいんだって思っちゃいますよね><

その後の事をケンケンに聞いたところ、なんか運動会前で宿題の発表は
まだやってないようなんです。
グループの課題なので発表の前にみんなでまとめたりすると思うので
ケンケンには調べた事をちゃんと教えてあげてねって言っておきました。

tanx2さん♪

そうですよね~。
子どもは意外とそれなりに付き合っていくんですよね。
でも大人がこうだと子ども達も・・・><

結局Cくんも約束がちゃんと伝わってなかったようで
参加出来なかった事についてはあまり気にしていないようなのですが・・・
でも今後のことが心配です。

じゅり☆ちゃん♪

やっぱり幼稚園でもあるだね(ーー;)
きっとみなさんちゃんと説明すればわかってくださるんだろうけど
情報が中途半端なのかもね~。

でもいちいち説明しなくっても、いろんな子がいてあたり前って
誰もが思える世の中になればいいのにね~。

あっ、赤ちゃん順調みたいでよかったよかった♪
じゅり☆ちゃんは間違いなく絶対素敵なママになるよ(^_-)-☆

kasuminさん♪

確かに先生の説明も前の記事に書いたクラス懇談の時だけ。
出席率もあまり良くなかったし・・・。

やっぱり大人が正しい知識を持ちしっかり理解してないといけませんよね。
そのためには確かに学校がその役割を果たすべきですよね。

ちょっと心配なのはCくんのお母さんもあまり理解してないかもってこと。
軽度の場合は特に学校が気づいた時に親にどう切り出すかも大きな課題ですね。

ヒロミさん♪

ホント身近にこういう事がおこると結構ヘコみますね。

たぶん本人達はそんなに深く考てない言動なんだろうけど
子ども達に与える影響は大きいですよね。

なんか悲しいけど私たち当事者が声をあげていかないと変わらないのかな。

読んでいて・・・

悲しくなっちゃいましたv-409
だって、自分の子が経験するかもしれない事でしょ?

心が痛いです。。。

みぃぼんさん♪

ほんと悲しいですよね~><

周りに正しい理解をしてもらえるよう声をあげていくことで
こういう事態を避けられると信じて活動いますが・・・

やっぱり覚悟は必要なのかなぁ。

何度もごめんね(^^;

『悪意のある』そういった行為は、ほとんどないと思いますよ。
やはり、ほとんどの人が『しょうがい』という言葉無くして生活しているので、『相手の立場にたった理解』が出来ないのだと思います。
だから、思いがけずその場面に遭遇した時、どうすればいいかわからない(例えば、間違った特別扱いをするとか)んだと思います。
私的には随分啓発しているつもりだし、親同士で話てるととても理解ある人でも、いざRyuに直接関わると凄くぎこちないし緊張も伝わってきます。
それはもう仕方のないことかもしれない…。でも、私たち当事者の親が最初にそれを諦めてしまってはいけないと思います。
【明るい未来目指してガンバロ~♪】

kasuminさん♪

何度でも大歓迎です^^

kasuminさんの言いたい事、よくわかります。
でもいろんな事を経験してきたkasuminさんと、
「まだまだ小さいから」で済まされる事の多い私とでは重みが違うかもしれませんね。

今回の事も、もちろん悪意があってしたこととは思っていません。
どう接したらいいのかわからないからなんですよね。
やっぱり知ってもらう事、理解してもらう事が重要だなって痛感しました。
でも子ども達がどう捉えたんだろうと思うとショックでしたね。

諦めちゃいませんよ!
今後もどんどん啓発していくつもりで~す^^

なんか悲しいです。無視されたり、いじめに繋がらなければ、いいけど。
親たちの行動には、むかつく。

お久しぶりです。
2回目のカキコミです^^

このお母さん2人に、どういう考えとお気持ちがあるのかは分かりませんが、悪意の無かったことを願いたいです。

相手の立場になってみるというのも意外と難しいものです。
うちのクラスにいる子は、どういう障害の種類かは分かりませんが、行動は明らかに異なり、加配の先生もついていますが、
園側からも保護者からも説明はないので”察する”ことしか出来ません。

そんな状況で、
役員や係りを決める時など、

・彼女の所は大変だから考慮し外してあげる
のが賢明なのか
・みんなと同じルール(くじ引きでも)で決める。負担の多い役になってしまっても仕方ない。
のがいいのか、迷うものです。
軽度の障害ならなおさらです。

クラス全員が同じように、障害の状況やその保護者の考え方を知ることが出来ない中では、気を遣ったつもりが、相手を憤慨させることもあるのかな?と思います。

なので、今回のことも、他の親は理解がない!優しさがない!と決めずに、そう落ち込まずにいて欲しいなと思いました。

みゆきちゃん♪

子ども達がどう思ったかが気になりますね。
悲しい現実ですが、保護者の方にわかってもらえるように
努力しなきゃって思います。

猫さん♪

こんばんは^^
貴重なご意見ありがとうございます。

なんだかモヤモヤして熱くなってたかも(^_^;)
猫さんや↑のkasuminさんのコメントを読んでちょっと反省です。
当事者側の立場だけで考えてたかも・・・です。

確かに私はリュウリュウの事をカミングアウトしたことで、
周りのみなさんの優しさや、自然な気遣いを感じる事が出来ています。
それはちゃんとわかっていてくれるからなんですよね。

となりに障がい者が居ることがあたり前の世の中になることが理想ですが、
今までの長い歴史を考えるとすぐにそれを望むのは無理ですよね。
でも変えていくことはできるはず。
そのためにはどんどんオープンにして理解を求めていきたいと思います。
そしてみなさんにもそれを受け入れる扉を開いてもらいたいです。
お互いが歩み寄っていかなければ変わりませんからね。

Cくんのお母さんともそんな話ができる機会があるといいな。

もう10月だねv-238

みゆきちゃん♪

ホントだね。
今年も残すところあと3ヶ月。早いな~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/260-6d7338ef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。