スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すくすく園 

2006/04/10 (Mon)
リュウリュは昨年の10月からすくすく園に通っています。

すくすく園は発達上なんらかの問題のある1歳半から就学前までの子供を対象にした市の療育施設です。
月・火・水は母子通園で,木・金は3歳児以上のみの単独通園
リュウリュウもこの4月から「単独通園」が始まります。

昨年の夏、発達検査の時にすくすく園への入園を勧められました。
その時は幼稚園に入るまでの半年間、ここで集団生活に入る準備ができれば・・・という程度に考えていました。

すぐに見学に行きました。
そこには「ちびっこ教室」(言葉の遅れなど心配のある子供を対象にした週1回の教室)でいっしょだったお友達が数人いました。
みんなちゃ~んと椅子に座ってお名前を呼ばれると「ハ~イ」と上手にお返事してます。
目を疑いましたヨ。 だって確かちびっこ教室ではリュウリュウと一緒になって走り回ってたよねぇ~。
聞けば通いはじめて2ヶ月。「通いはじめたころはもちろん座ってなんかいなかったよ~」とのこと。
   スゴ~イ!!
恥ずかしながらそれまで“療育”という言葉すら知らなかった私ですが、
この時療育のすごさ、必要性を目の当たりにしました。

早速見学の帰りにそのまま入園の手続きに行きましたよ。
しかし、この時すくすく園は定員いっぱいで年明けの1月からしか入園できないとのこと。
勧められたのに入園できないなんていささか納得がいきませんでしたが仕方ありません。
しかし結果的にこの事がリュウリュウの4月からの進路を決めるにあたって良い方向に導いてくれたように思います。(詳しくは後日書く予定です。)

結局ラッキーなことにキャンセルの方がいたので10月から通う事が出来ました。

すくすく園でのリュウリュウの5ヶ月を振り返ってみますね。
《10月》
人見知りも少なく、新しい場所にもあまり抵抗がないリュウリュウは「すくすく園」の雰囲気にすぐ慣れました。
1日の園の流れも2週間目には覚えて「朝の集い」や「課題」の間もわりと早く座っていられるようになりました。
今思うとこの5ヶ月で1番順調な時期だっだったかも・・・といってもリュウリュウ自身訳分からずやってた部分が多いのかもね。

《11月》
『地球をどんどん!』の体操の時、みんなの輪に入れません。端っこでなぜか『ぱわわっぷ体操』を1人でやってます。
親子のふれあい遊びの時はひざに座ってくれません。これはどうやら先生と同じ動きがしたいからのようです。

《12月》
朝の集いの歌の時、前奏や間奏もオルガンに合わせて大きな声で歌っちゃいます。
母子分離の時泣くようになりました。やっと私の事、お母さんとして認識してくれるようになったのかな。と内心ニンマリ。(⌒~⌒)

《1月》
給食の時スプーンやフォークが上手く使えるようになりました。入園前はほとんど手掴かみで食べてたんですよ。
これまで朝のお名前呼びの時の返事は出来たり出来なかったりだったのですが、このころになって呼ばれると返事の変わりに「キャンペーン中!」とか「いす!」とかふざけて言うようになりました。
課題の時のお名前呼びはちゃんとできるのにぃ~。

《2月》
急にお友達の名前をフルネームで言うようになりました。新しく入ったお友達の名前もすぐ覚えちゃいます。
朝や帰りの集いの時、座っていられなくなってしまいました。もう大暴れです。

《3月》
だいぶ落ち着いていた「母子分離」がまたダメになってしまいました。
お母さんにベッタリの時間が増えちゃってます。

ざっと振り返ってみました。
この5ヶ月で出来るようにになった事がたくさんありますが、それと同じぐらい、前は出来てたのに出来なくなったこともあります。
でも後退しているわけじゃないと思っています。成長しているからこその行動だと。(もどかしいと思う事もありますけどね。)

今日は今年度の療育始めでした。
きっとまだまだ山あり谷あり、笑ったり泣いたりの1年になると思いますが、「療育」の力を信じて親子で頑張っていこうと思います。
先生、クラスのみなさん、こんな2人ですがよろしくお願いしま~す。m(._.)m

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/21-822ef8a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。