スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「筆子・その愛」 

2007/02/13 (Tue)
昨日映画「筆子・その愛」を観てきました~。
ご存知の方も多いと思いますが明治時代、まだ福祉という概念も根付いていない
この時代に日本初の知的障害者の施設・滝乃川学園を創設した夫と共に
生涯を日本の社会福祉に貢献した“石井筆子”の生涯を描いた映画です。
主演は常磐貴子!「筆子・その愛」公式サイト
ご自身も障害児の母でもあります。
昨年の11月から全国で順次公開中なのですが私の住む地域は3月から。
でもそれに先駆け市の「手をつなぐ育成会」が市民会館で上映会を開催。
それが昨日だったのです。
内容はネタバレになるので触れませんが、時代を考えるとこの夫婦の功績は
素晴らし過ぎます。明治にこんなすごい人たちが居たのに、
今の日本を見てみるとあんまり変わってないじゃんって思っちゃいます。
情けない限りです。

タイムリーというか、明日の『福祉ネットワーク』は石井筆子さんの特集です。

《福祉ネットワーク》【教育テレビ】※番組HPはコチラ
 石井筆子を知っていますか ~映画になった障害児教育の母~
 【放送日】 2月14日(水)午後8:00~8:30 明日で~す!
 【再放送】 2月21日(水)午後1:20~1:50
日本の知的障害児教育の母・石井筆子。長崎の名家に生まれ、津田梅子とともに女子教育の先駆けとなり「鹿鳴館の華」と言われた。授かった長女に知的障害があったことから筆子の運命は変わった。日本初の知的障害児施設「滝乃川学園」を設立した石井亮一と再婚し、亮一の死後はみずから園長となって、障害者の教育と生活を守るために尽力した。筆子の生涯をたどる。


ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
ポチッとしてくれるとうれし~です。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/189-4fde5f61

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。