スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心穏やかに・・・ 

2007/01/20 (Sat)
7月に手塚直樹先生の講演を聞く機会があったのですが(コチラ
その後の交流会で私たち親の思いに共感してくださった手塚先生が、
私たちの為に青山和子先生(総合福祉センター弘済学園 園長)と一緒に
お邪魔して私たちの力になりたいとおっしゃって下さったのです。
(弘済学園のHPはコチラ
なんてありがたいことでしょう。
そしてそれが昨日実現しました。

青山先生のお話は幼児期の子供を持つ今の私たちの抱える問題に
ビシッとマッチするものばかりでとても有意義なものでした。
お話の中で終止一貫しておっしゃっていたのが
 『心穏やかに接して!』『子供をほめて!』『認めてあげて!』
ということでした。
わかっちゃいるけど出来てないことばかりで・・・(^_^;)

そんな中、交流会でひとりのママが不安を訴えました。
先日大阪で知的障害を持つ男性が3歳の男の子を投げ落とすという事件がありましたが、自分の子もそうなっちゃうんじゃないかと思うと心配で夜も眠れないというものでした。
(これって報道の仕方にも問題があると思うんですけど・・・)
それに対する青山先生の答えは・・・
 愛情豊かに、心穏やかに育てれば大丈夫! 
 人との関わりが上手くいっていれば、
 人に危害を加えるようなことは決してしません。
 知的障害があるから犯罪を犯すわけじゃないんです。
 そんな心配は全くいりませんよ。

という心強いものでした。
でもこれって逆に愛情が足りなければ、穏やかに接することが出来なければ
そうなっちゃうかもってことですよね・・・

そして最後におっしゃいました。
  ハンディをある子を持ったことが不幸せなのではない
  上手く育てられなかったことが不幸せなのです。


あ~ 最近私「ダメよ!」が多くなってきたな。ヾ(_ _。)ハンセイ…

『心穏やかに・・・』

意識していかないとね。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
ポチッとしてくれるとうれし~です。

コメント

私も、そう思うよ。

ほんとに…

一番大切だけど一番難しいことだよね。
毎日の生活に精一杯で、ふとした時に『あ、しまった!』なんて思い出して…。

『こんな私が親でいいのかなぁ』

なんて将来を不安に思ったりするけど、『子供を中心に』『親の都合を押し付けず』
心得はいろいろあるけれど
『愛をもって育てる』
それさえ在ればきっと大丈夫v(^^)v

だから頑張らなくてもそのままの『お母さん』でいいんだと、私は思います。考え込むとしんどいからね(o^-’)b

わかってるけど・・・

いろいろ講演聞いて『そうだよね!!』って納得して、実践しなきゃ!
とは思いますが、そのようにいかない・・・
わかってあげられずイライラしちゃいますねv-390


みゆきちゃん♪

意識してがんばりま~す^^

kasuminさん♪

そっかぁ~。そのままの『お母さん』ね。
ガミガミ言っちゃうのも母の愛がゆえだもんね(笑)
反省し過ぎても確かにしんどいね。
逆に考え込まなきゃ意外と穏やかに過ごせるかも^^

みぃぼんさん♪

講演の度に反省ですね。
わかってること、あたりまえの事だったりするのに
なかなか出来てなくて・・・
でもだから、こういう講演はなるべく参加して
身を引き締めたいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ryuryude.blog54.fc2.com/tb.php/179-e1e6e4c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。