スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福祉実践教室 その2 

2010/07/02 (Fri)
昨日アップするつもりでしたが、寝てしまいました(^_^;)

えっと、6月30日にリュウリュウの学校での福祉実践教室が無事終わりました。
1時間目は体育館で全体会でした。
各講師の紹介のあと、子どもたちが歓迎の歌を披露してくれました。
ハーモニーがとってもきれいで、なんだかちょっとジ~ン

その後1,2年生は教室へもどって福祉のビデオを観るようで
3年生から6年生までが体育館に残り、脳性マヒの方のお話を聞きました。
言語の障がいもあるので、話される内容をプリントにして配っていたので
みんなそれを見ながら一生懸命に聞いていました。

2時間目と3時間目は各クラスでそれぞれの講座です。
いよいよです。
2時間目はケンケンのクラスでした。
今回もパワーポイントを使ってお話しました。

導入として様々な障がいについてイラストを見せて、クイズ形式で答えてもらいました。
最後の問題はどこにでもいるような男の子のイラスト。
「この子にはどんな障がいがあると思いますか?」と問いかけました。
こちらのもくろみ通り、みんな答えられません。
そこで、外見ではわからない障がいがあるということで、
知的障がいや発達障がいの説明につなげました。
リュウリュウが自閉症なので、基本的には自閉症の特性などを
メインにお話ししました。

次に、DVDを観てもらいました。
実は今年の3月に地域のケーブルテレビで代表のTさんとお子さんのGくんの
密着ドキュメンタリーが放送されたんです。
その番組の学校での場面だけをつないで7分程度にまとめたものを観てもらいました。
説明だけではなく、映像として観てもらうことで身近に感じてもらえたのでは
ないかと思います。

次は体験。
今回はキャラバン隊などでも行われている、軍手で折り紙の不器用体験をしました。
折り紙をしたことだけが印象に残らないように、なぜこの体験をしてもらったかを
説明しました。

そして先輩ママさんに大人になった自閉症の人のお話をしてもらい、
まとめの話をして終了です。

という感じで45分あっという間に終わりました。
もっと緊張するかなと思ったけど、意外と大丈夫でした^^
多少笑いもとったり、ケンケンの事もいじりながら、楽しく出来ました
3時間目も同じことを別のクラスでしました。


今回、子ども達に伝えたかったことは大きく分けて3つ。
1つ目は、自閉症などの障がいの特性。
2つ目は、対応の仕方。
例えば短い言葉で、とか絵カードなどで示すとか。
そしてそれは特別扱いではなく、足の不自由な人の車いすと同じことだということ。
3つ目は、障がいがあったって、ちょとみんなと違っていたって、
みんなと同じ大切な存在だということ。

ちゃんと伝わったかな~(^_^;)
見に来てくださった方は、「わかりやすくて良かったよ」と言ってくださいましたが、
子ども達の反応はどうだったのかな~。
感想などをまとめたものを、後日見せていただけるそうなので楽しみです。

とりあえずケンケンには直接聞けるので、帰って来たケンケンに
「どうだった?」と聞いてみました。
「べつにぃ、だってだいたい知ってることだったし~」とそっけない答え(^_^;)
確かにケンケンにはそうかもね~。
で、「みんなは、なんか言ってなかった?」と聞いてみると・・・
「自閉症はひきこもりとかの心の病気だと思ってたけど違うってわかったって。」

そっかそっか、それが伝わっただけでもOKだよね。
よかった、よかった。

それに、いつものケンケンなら、みんなの事を聞いても
「べつにぃ~」とか「忘れた~」とか言って、学校でのことは全然話さないのに
答えてくれったっていうのは、ケンケンなりに何か思うところがあったのかな~と
勝手に思ってます。

ってなわけで、報告でした~。
スポンサーサイト

いな~い>< 

2010/07/17 (Sat)
11日の日曜日の事です。

近くの大型ショッピングセンターへリュウリュウとおとうさんと3人で
行ってきました(ケンケンは空手の合宿でした)
あれこれ買い物して、「そろそろ帰ろっか」
とエレベーターの方に3人で向かっていたのですが、
その途中でちょっと気になる雑貨を発見。
おとうさんと私は立ち止まってあーだこーだ言っていたのですが・・・

ふと気がつくとリュウリュウがいないではありませんか
とまあ、こんなことはよくあることで、たいてい近くをフラフラしてて
「リュウちゃ~ん」と声をかければ聞こえる範囲に居るんです。
でも、このときは声をかけてもでてきません><
慌てて、リュウリュウが行きそうな場所を探しました。
携帯屋さん、掃除機売り場、洗剤売り場、電気屋さん、
おもちゃ屋さん、ゲームコーナー…
思い当るところは全て探しました。
でもでもどこにもいないんです
こんなに探しても見つからないことは今までありませんでした。

もしかして・・・
と思い、車を停めた屋上駐車場に行ってみました。
もう帰るところだったので、私たちが立ち止まったのに気付かず
エレベーターに乗って行ったのかも・・・と思ったのです。

でも屋上駐車場にも居ませんでした。
だよね、やっぱ興味あるところに行ったんだよね。と思い店内に戻りました。
そろそろ放送かけてもらった方がいいかもと思いながら歩いていると
インフォメーションの前に見覚えのある後姿が・・・

「リュウちゃ~~~ん
やっと会えたよ~

ちょうどインフォメーションに連れてこられていた所のようでした。
リュウリュウはお店のお姉さんに手をひかれていて良い子にしてました。
お姉さんの話によると、なんと屋上駐車場に居たそうです。

お~ リュウリュウごめんよぉ~
そうだよね、帰るって言って歩いていたんだもんね。リュウリュウが正しいよ。
それなのにおかあさんたちってば、リュウリュウが欲求に負けて興味あるところに
行ったんじゃないかって思って、そっちばかり探してたよ。
おかあさんとおとうさんが悪かった
駐車場にも行ってみたけどすれ違いだったんだね。
すぐにそれに気づいて行ってたら良かったよね。

とにかく早くおとうさんに知らせなきゃと思い、お姉さんに詳しいことも聞かないまま
お礼を言ってその場を離れてしまいました。
今思うともっとちゃんとその時の様子を聞いておけばよかったと思います。

で、その日のお風呂の時にリュウリュウ本人に聞いてみたのですが・・・
う~んわからん>< でもしつこく聞いてみると
「なみだ とひと言。
そっかそっか、泣いてたんだね~ 怖かったよね~ ホントにごめんね~

リュウリュウの行動にはちゃんと理由があるんですよね。
最近特にそれを感じているのに、私ったら>< 反省です。

8歳で~す!! 

2010/07/21 (Wed)
18日の日曜日はリュウリュウの8歳の誕生日ででした~

20100721_1.png

恒例のアイスクリームケーキです。
今年は前日の土曜日にリュウリュウと一緒に予約に行ったので、
リュウリュウ本人に選ばせました。
そしたら、何の迷いもなくチーズケーキ味のに決めちゃいました。
いつもよりちょっとお高めだけど、リュウリュウが決めたからまいいっか><

プレゼントタ~イム
20100721_2.png
なにかな~

今年のプレゼントはWii Party
7月8日に発売したばかりのソフトで、リュウリュウの大好きな嵐がCMしてるやつです。
詳しくはコチラ(音がでるのでご注意!)
7月のはじめごろ、リュウリュウにプレゼント何がいいか聞いてみたら即答でした(^_^;)

昨年はなんだったけ?と過去記事を見てみると・・・コチラ
Wii Sports Resortでした。
2年つづけてWiiのソフトです(^_^;)
この時期って新製品が出る時期なのかな~。
もしそうなら来年もまたまたWiiのソフトかもぉ
でもこれからも、リュウリュウが『自分で決める、自分で選ぶ』って事を
尊重していきたいなって思ってます。

リモコンが2つしかないので、この日はケンケンと楽しく遊びました~♪
20100721_3.png

あれから半年… 

2010/07/29 (Thu)
今夜のテレビ番組のお知らせです。

 《福祉ネットワーク》  【教育テレビ】 HPはコチラ

    「“光”からあなたへ」
       ~漫画家 戸部けいこさんが遺したもの~

     【放送日】 7月29日(木) 午後8:00~8:30

     【再放送】 8月5日 (木) 午後0:00~0:30


 2010年1月、漫画 「光とともに…」 の作者・戸部けいこさん(52歳)が
 亡くなった。
 自閉症の光(ひかる)を育てる母親を主人公に、子どもの行動への
 戸惑いや周囲の無理解に苦悩しながらも、親子が少しずつ成長して
 いく姿を描き 「どの専門書よりも分かりやすく、現状をリアルに
 伝えている」と反響を呼んだ。
 発行部数は240万部以上。
 戸部さんが取材した人々の証言や読者からの反響も交え、彼女が
 作品に込めた思いに迫る。


このブログでも何度も書いていますが、「光とともに…」 は我が家にとって
バイブルのような存在です。
特におとうさんは難しい本は読みたがらないので、もしかしたらこの本がなかったら、
未だに自閉症を理解していなかったかもしれません。
とにかく、おとうさんのこの本に対する思いは本当にすごくて、
古本屋で何冊も買い集めて、市内の全小学校に寄附をしたほどです。

戸部さんが亡くなって半年。
この番組を通して、彼女の思いに触れられることをうれしく思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。