スポンサーサイト 

--/--/-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミングアウト 

2006/07/01 (Sat)
先日の談話会の記事でカミングアウトの事に触れましたが、コメントにも御意見を頂いたので、今日は私のカミングアウトに対する考えを書こうと思います。

基本的に私はカミングアウト派です。
カミングアウトする理由として私の場合3つあります。
まず1つ目。
「障害がある事は恥ずかしい事じゃないんだから、隠すことないじゃん。」って言う考えが根底にあります。
2つ目は
障害があることで周りに迷惑を掛けてしまうこともあります。そういう場合、あらかじめ知っておいてもらえば対処の仕方も変わってくるかなという思いから。
3つ目は
私自信の保身から。
言葉が遅く多動なリュウリュウ、少し接すれば「あれ?なんかおかしい?」って思われちゃうと思うし「なんでお兄ちゃんと同じ幼稚園に行ってないの?」って思う人も。
変な噂をするような人は周りにはいませんが、みんな気をつかってるのかあえて触れないでいてくれるみたいなんですよね。
それはそれでありがたいんですが「何かおかしい」って思ってる事は明らかなので、だったら正確な情報としてちゃんと知っておいてほしいと思うわけです。
っていうかその方が私自信が楽なんです。先に言っておけばあれこれ詮索されることはないでしょ。結局のところ“気にしい”なんですよね。

カミングアウトした結果、全てちゃんとした理解が得られているかは分かりません。まだまだ偏見の目があることも覚悟してます。された側にしてみれば迷惑な話かもしれません。でも少しは障害について考えるきっかけにはなったかなぁと思うし、そうなればいいなぁと思っています。
障害があることでコソコソしたくないし、する必要もない。堂々としていたいです。
でも障害に甘え過ぎないようにもしないといけませんよね。やはり実際に迷惑を掛けてしまうことも多いわけですから・・・

いろいろ書いてきましたが、あくまで私個人の考えです。こういう考え方が少数派だということも他のママ達と話をして実感しています。(幸いうちは夫も同じ考えで助かってます。)
カミングアウトする、しないは自由だし、それぞれに理由がちゃんとあると思います。
でも結局は気持ち的にどっちが楽かってことじゃないかな。子供にとってどっちがいいかってことも大事だけど、カミングアウトすることで親自信が苦しくなっちゃうんだったらしない方がいいし、私みたいにしない方が苦しいんだったらした方がいいのかなぁって思うのですが・・・

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
いつもポチッとありがとうございま~す。m(._.*)m
スポンサーサイト

試作完成!! 

2006/07/03 (Mon)
先日作りはじめた写真カードの試作か完成しました~。

060703.gif

以前作った試作の試作のカードを硬質カードケースに入れました。
穴を開けてリングで止め、本のようにめくれるようになってます。
カードは予定に合わせて差し換え、予定によって枚数も簡単に増やせます。
最初に曜日を入れてみました。実はリュウリュウ、案外曜日感覚があるんです。
平日は御飯が先でお風呂が後、土日はお風呂が先で、その後の夕飯でジュースが飲めるとか、日曜日は“いいとも”が朝やるとか・・・
文字はちゃんと読めてるわけではないんだけど、かなり興味はあるので、毎日指差ししながらしつこく読んでます。
まだ不具合が出るかもしれないのでとりあえず試作ということで・・・

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
いつもポチッとありがとうございま~す。<(_ _*)>

カード効果?? 

2006/07/04 (Tue)
久々のスイミングネタで~す。

先週のレッスンの後、先生が「そろそろ、みんなの中で一緒にやれるように無理矢理座らせたりしていいですか?」と。
ここ2.3回は泣かなくなったものの、好き勝手にやっているので補助の先生を独占状態でした。人数が多い時やテストの時はかなり迷惑掛けていたんです。
そのことは私としても心苦しく思っていました。
心配な面はありましたが「よろしくお願いします。」と言ってしまいました。(^^;

う~ん、どうしよう~。パニックならないかな~。
事前に説明しとけば大丈夫かなぁ~・・・

で、スイミングの写真カードこんな感じにしてみました。

クリックで大きくなります。

“帽子をかぶること”と順番をまってる時は“ビート板に座ること”、この2つの事を何回も説明して送りだしました。

するとどうでしょう。
続きを読む

町中をサポーターに!! 

2006/07/06 (Thu)
昨日のすくすく園は母子分離でした。
ママ達はホールで言語聴覚士の國島典子先生の講演を聞きました。
國島先生についてはコチラ

言葉の発達についてのお話はもちろん、その他にも障害児を育てていく上でとても為になるお話ばかりでした。
その中で印象に残ったお話をひとつご紹介します。

ただでさえ安心して子供を外に出せない今の世の中、自分の意志を上手く伝える事の出来ない障害児にとってはなおさらです。
もし間違って子供が外に出ていった場合、親だけでは子供を守りきれないかもしれません。
近所付き合いが希薄な今の時代、誰も気に止めてくれないかもしれません。
それでは困るのです。
そこで、“町中を子供のサポーターにしてしまいましょう”
どうやって?・・・・
例えば新聞屋さん、郵便屋さん、ガスや電気のの検針のおばさん、コンビニのお兄さん、個人商店のおじさん、犬の散歩をしてるお姉さんでもいいんです。
よく見かけるそんな人達にまずはあいさつをしましょう。なにも詳しい事情を説明しなくってもいいんです。あいさつをして存在を知ってもらう。それだけで。
「あっ、いつもの親子だ」って思ってもらえるだけでOK。
そうなれば、もし子供が一人でいるのを見かければ「あれ、いつもママと一緒なのに」って気に掛けてもらえます。


こんな内容の話でした。
そうですよね。親だけではやっぱり限界があります。そうなると地域全体で守ってもらわないと・・・
で、思ったのが、“子供をと一緒にあいさつをする”これも一種のカミングアウトだなって。
見た目では分からない障害の場合、はじめは障害児だとは分からないかもしれないけど、まずは存在のアピールからでいいんじゃないかな。もちろん言える人は言っちゃえばなお良いと思いますけどね。
頼る甘えるは違うと思います。上手に頼っていきたいものです。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
いっつもポチッとサンキュ~です。(*^-゜)v

AC公共広告機構 

2006/07/07 (Fri)
自閉症になったんじゃない。

自閉症に生まれてきただけ。

いいコピーですよね。

AC公共広告機構の2006年度支援キャンペーンのひとつです。

かあこさんのブログで教えてもらいました。(LIFE☆)
できるだけ多くの人に見てもらいたいと思い紹介します。

ゴメンナサイ。リンク不可だったので外しました。

AC公共広告機構→広告キャンペーン→キャンペーン概要→
本年度支援キャンペーン→「自閉症に生まれてきただけ」

でご覧いただけます。


残念ながら私自身、新聞広告は見た事がないのですが、多くの人の目に止まってくれる事を願います。

ケンケンの願い 

2006/07/08 (Sat)


七夕の夜の事です
リュウリュウと私がお風呂に入っているとケンケンが
「リュウリュウがしゃべらないのは病気なの?」
いきなりどうしたの?と思いましたが
「病気じゃなくって障害って言うんだよ」
しばらくしてケンケンがまた来て
「どの“しょうがい”?」
と辞書を持ってきたのです。
そしてお風呂からあがるとの短冊が出来上がっていました。

キュ~ンとしちゃいました。

ケンケンの願いがかないますように☆彡*.:*:.。

なにゆえ??? 

2006/07/10 (Mon)
060710_1.jpg

静かになったな~と思ったら・・・・
でもでも なにゆえどんぶり・・・
これ、お父さんのお茶漬け用のどんぶりで普段は使わないから
結構奥の方に置いてあったのよん。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
いつもポチッと感謝してま~す。<(_ _*)>

お誕生会♪ 

2006/07/11 (Tue)
今日はすくすく園での7月のお誕生会でした~。


リュウリュウを含め4人のお友達が7月生まれさんでした。
まずはお誕生日のお友達が呼ばれ、お母さんと一緒に前に座ります。
順番に自己紹介をして、その後質問コーナー、お誕生日の歌♪、
そしてのカード渡しと続きます。
リュウリュウ、自分がお祝してもらってる事がわかってるようで、
なんだか終止テレテレ(〃∇〃) でした。
以前はカードとか首にかけるのは嫌がってたのに、今日は自分から掛けちゃって。
その後、恒例のタイム。
『お誕生日おめでと~』の声に合わせてみんなで紙吹雪をパーっと投げます。
凄い量の紙吹雪なのでとってもキレイなんですよ。
最後に先生の人形劇を見てお・し・ま・い...

のカードの“手形”、うまくできるか心配だったのですが、6月の誕生会の時、お友達がやる所を見せておいたのが良かったのか、やり方もちゃんとわかってて自分で上手に押せました。

リュウリュウの成長をいろいろ感じられたお誕生会でした。

ランキングに参加してます。(*^^*ゞ
いつもポチッとありがとうございま~す。<(_ _*)>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。